労災病院のエリア範囲内でauひかりにすると@他社より切替特価でプロバイダからキャッシュバック

労災病院ではまだまだ導入が進んでいないように思われますが、意外に経済的に賢くひかり通信を利用している方は多くなっています。 ネットを有効に利用されて、大型荷物の買い物を楽しむ高齢者の方が増えていたり、病気や怪我についてもネットで情報収集をされているので、PC環境は絶対に必須だというご家庭は多いです。労災病院でもauひかりを上手にPCの他に電話回線やスマホにお得にセットで利用されています。難しい説明にもスタッフが丁寧に対応し、導入後にも不安なことにはサポート体制が整っています。気になる利用料金のシュミレーションもHPで気軽にリサーチできます。
労災病院のエリア範囲内でauひかりにすると@他社より切替特価でプロバイダからキャッシュバック▼

労災病院の情報

地名 労災病院
ユウビンバンゴウ 756-0095
住所など 山口県山陽小野田市労災病院
読み方 ヤマグチケンサンヨウオノダシロウサイビョウイン

auひかりとは?

auひかりとは、光ファイバー網を使用したKDDI独自のサービス提供ブランドのことですKDDIの光プラスのサービスと、東京電力のTEPCOひかりという光ファイバー事業が合体し、新たにひかりoneというブランド名でスタートしたサービスです。最大の速度が100Mbpsまたは、1Gbpsでのインターネットの接続サービスをはじめとしてIP電話、約7000本もの動画を配信するビデオオンデマンドのサービスなど、光ファイバー1本で提供可能です。au光の特徴をあげると、申し込みをしてから工事が完了するまでに1~2ヶ月必要ですが、工事が完了してしまえば、残りのネットワーク機器の設定には使用するパソコンのOSに対応した分かりやすい手順書が準備されているため、約15分程度の時間で完了です。対応できるプロバイダが複数あり、niftyやso-netなどがあります。値段は一戸建てに居住している方なら月々5.100円、マンションなどの集合住宅で月額3.800円で利用できます。余談にはなりますが、ここのところ悪意のある販売業者や代理店による勧誘行為も増えてきています。適切な判断が必要になってきます。